患者視点医療と医薬マーケティング
お飾り言葉でない患者視点を追及していきます
Categories: その他 | Add a Comment

2011.10より、連載をさせて頂くことになりました。
ユートブレーン
http://www.utobrain.co.jp/approach.shtml 
(ちょっと古い情報ですが)
私が担当するのは
「戦略的マーケティングから見たMRの役割」コーナーです。

始めてから感じたのは、いろいろな角度から検証する作業が増えたこと。
私はそう思うが、実際はどうなんだろう、というところには時間をかける必要があるな、と感じました。
最近、医療×ITで仕事をされたい方から話を聞きたいと言われることがあるのですが
ニーズがあるんだからサービスは成立する
という1点突破思考も追及するならイイと思うのですが
ニーズがあってもビジネスが成立しない
こともあるのだ、と思っていないと、しんどい領域ではあります。
だからこそ成立させてやろう!という気概も綿密さも根気さも必要と言えると思います。
特に、いま病気の方を対象にした医療領域を目指す方に多いのは
自分や家族が医療を通じて感じた疑問がサービス開発の起点になるパターンですが
◯◯はダメだからというような、批判的な負のエネルギーが前面に出てしまうようだと
三方よしな世界は目指せないのではないかな、と思うことはあります。
と、エラそうなことを言いましたが、目指す方の存在は嬉しいですし
弊社自体もっともっと実績を作り、成長していきたいと決意を新たにした次第です!

Categories: その他 | Add a Comment

10月1日(土)に、第1回 Nadeshiko Ventures Summitに、参加させて頂きました。
Tweetまとめ
http://togetter.com/li/195136
私はパネリストとして&Shout!(7人による各事業・サービス紹介)のコーナーで登壇しました。
参加者は男女比で、55:45。意外に男性参加者が多かったです。
学生も結構参加されていました。
Shout!含めパワフルなモチベーションに溢れていました。
私自身は自分の事業について話した時に、緊張なのか貧血なのか過呼吸なのか酸欠なのか!?、
息が上がってしまい、お聞き苦しい点があったかな、と。
月1回ベースで講演はしているのですが、たまにあるので、夜のスピーチ時には
前もっての腹ごしらえ&体力づくりが必要ですね。
参加された方はどんなことを感じられたのでしょうか?
テクニック論というよりは、人それぞれ、自分にとっての本質軸で、考えていけると
いいなあと思います。
今回、SPARK!メンバーとして参加させて頂きました。
昨年は実務に追われ1度もSPARK!のイベントごとに参加できず、でしたが、
私自身も吸収することも多いですし、いろんな方とのご縁を大切に、出来る限り
参加したい!と思っております。
刺激的なメンバーはこちら http://www.spark-net.com/ 
新たなメンバー募集(推薦)中だそうです!

Categories: その他 | Add a Comment

私は、もともと事業会社で、またコンサル会社で、マーケティング、
マーケティング・コミュニケーション分野で仕事をしてきており、現在もそこが基軸です。
ただ、このマーケティング、マーケティング・コミュニケーションという言葉の定義は、
その会社事情に依存していたり、体系的に理解されている会社や担当者は
多くはないのが現状でもあります。
まず「マーケティング」についての多い誤認識としては、
・それは営業活動、営業戦略のことである
・販売促進のためのプロモーションのことである
・市場分析をすること、調査、統計のことである
といったところでしょうか?
商品が出来上がった後、いかに売るかの視点、局所的な業務、施策に偏重しています。
さてマーケティングの本家本元、アメリカでは、「事業体全体の最適化、構造化」
のことを指しています。多くのマーケティング担当者のまずの仕事は、
Big Pictureを描くことからでもあります。
P.ドラッカーによれば「マーケティングの狙いは、顧客というものをよく知って理解し、
製品、サービスが顧客にぴったりと合って、営業・販促活動をしなくてもひとりでに
売れてしまうようにすること」と定義しています。
現代ではさらに、多様で移り気なニーズにどう向き合うのか、次々と現れる競争相手
(もはや業種の垣根もない)を見越して、先回りも必要であるし、ニッチ市場など
現代の戦い方が必要になります。
具体的なマーケティング活動については、P.コトラーの著にあるように
提供するのはただのモノではなく、価値そのものであり、
どんなイノベーションをもたらすか。
本来、マーケティングは、一つの事業体、会社組織の中で、一気通貫する
役割を持っており、対外的にも連関します。BigPictureを深部まで理解共有
できていないと、それぞれの部門がバラバラにただ個人の目標値のために動いてしまう。
BigPictureがお粗末であったり、枝葉すぎると、連関する過程で異論が出たり、
後戻りするし、自分事化できない。
プロダクト・サービスの受け手など対外的にも、思い描く反響を得られない。
マーケティング・コミュニケーションは、そういった齟齬の発生を回避し、
埋めながら構築、再構築するための活動だと思っています。
私個人は、経営者については私が述べるまでもないが、事業の統括責任者であれば
マーケティングとは日々の活動すべてのことであり、すべてのスタッフもその
プロダクト・サービスにとってのマーケティング、つまり理念、ビジョン、考え方、
ユーザーにとってのストーリーを理解するべきであり、それを考える側も、
そのための共有の時間を惜しむべきではないと思っています。
来月から執筆が冊子に連載されることになりました。
半年間の予定で、医療医薬分野における、
戦略的マーケティングに関してです。自分自身も楽しみです。

Categories: その他 | Add a Comment

9月になりました。9月になった、ということは弊社にとっては、とても意味があります。
弊社は2つの事業をおこなっています。
1つは予防のソーシャルメディア「Every Wellness」事業
そしてマーケティングリサーチ事業。
マーケティングリサーチの方は、定性調査(Qualitaive Reaearch)のみ
ヘルスケア領域のみでおこなっておりますが、
お取引先は海外(欧米)が6割になります。
その海外取引先案件が本格的に始まるのが、9月からになるのです。
今年は円高の影響もなくはないかな、とも思いますが、
既に稼働を始めています。
売上高としては、微々たる程度ですが、
外貨を日本に入れる!という気持ちでお請けしています。
さて、時々患者さんのコミュニティサイトだと思われるようなのですが
患者予備軍(今その病気でない人)のための病気になりにくい体づくりを目指す
予防の知恵の共有サービス「Every Wellness」の方も
新たな構造に変えていく予定でおります。
第三期目の後半戦、邁進してまいります!

Categories: その他 | Add a Comment

7月29日にセミナーをさせて頂きました。
http://www.fitnessclub.jp/business/service/flv2.html
そこでも話題になりましたが、ワールドカフェやディスカッションベースの勉強会などが、珍しくなくなってきた最近でも、カウンセリングやグループセラピーは、欧米に比べると一部の人達の間以上の広がりにおいては、まだこれからという段階かと思います。
もともと日本人は、自分のことを話すことに段階が必要だったり、得られるかもしれないものより失うかもしれないものの方を、先に考えてしまったりすることで話せることが限られたり、ということもあるでしょうし、自分の思っていることは皆が思っているわけではないだろう、間違ったことを言いたくない、指摘されたくないなどという気持ち、自分の考えを話したとして、でも人は人という先入観もあるのかもしれません。
ある方の話を思い出しました。認知症の病名告知を患者本人の前でしてほしくないと伝えていたのに本人の前でされてしまったことがあったと。
なぜ、(お願いしたのに病名告知はまず家族に、と先生に)伝えてくれなかったのですか?と後から尋ねると、「どうせ忘れてしまうからいいでしょ」。
本人の前で病名告知をしても、本人は認知症だから病名を言われたことも忘れるのだから、伝えたっていいじゃない、そう言われたことが、闘病生活の中で一番悲しい出来事だったと。
海外では、ともに高め合うカウンセリング、グループセラピーはサービスとしても確立されています。
なぜそういう考えをするのかという背景を慮る、裏にある気持ち、考えを、自分のそれと照らし合わせてみる、ということは、自分を現実を知ることでもあります。
異なる立場間や言葉の通じ合わない者同士の交流にこそ、否定的にとらえがちなところを肯定的な視点から見るという絶好の機会でもあるのではないでしょうか。
もちろんその場合には、立場からしてあげるというスタンスでなく、一方的に自分の考えを押し付けたり、批判や結論先行ではなく、また無理やり聞き出そうとするのではなく、相手の意欲を高めるようなコミュニケーションが求められるわけですが。

Categories: その他 | Add a Comment

先日、Every Wellnessのユーザープロフィールを公開しました。
http://www.everywellness.jp/pages/everywellnessprofile 
基礎疾患、頻発する症状として、アレルギー性の疾患、生活習慣病、
肩こり・腰痛など運動器、関節の障害、糖尿病、鼻炎など鼻の症状、
頭痛、睡眠障害を持つ方が比較的多いようです。
実際にEvery Wellnessページ内でも、アレルギー性鼻炎、肩こり、
緊張型頭痛、睡眠障害がよく見られるページでもあります。

Categories: その他 | Add a Comment

定性調査とはどんなことをするのか?
オンラインリサーチとはどう違うのか?
とはいえサンプル数は必要じゃないか?
定性調査に関して問合せを受けることがあります。
最近では医薬に限らないヘルスケア領域からも引き合いがあり
ビジネスサイドで具体的な関心を持つ方の存在を感じます。
定性調査はエスノグラフィー、質的研究とも表されますが
手法は様々です。
定性調査とは言葉に耳を傾けることをただ指すのではなく
1問1答形式ではない、ストーリーとして成立させ、人をのせることが
まず大事な要素になると考えています。
また「話し言葉」はもちろん大事ですが、それだけでなく
アートワークをしたり実際に家庭での様子を観察することで
言葉の裏にある「なぜそう言っているのか」を感じることもできます。
例えば「つらい」というと言葉としての括りは一つでも
・ガラスが割れるイメージ
・肩に重荷を背負わされたような
・こころにポッカリ穴が開いたような
等どうつらいのかをよりイメージしやすくなります。
実際にビジネスの局面でどう生かされるのか、については
別の形で示したいと思いますが、特に新規事業を構想中の段階では、
より力を発揮することでしょう!

Categories: その他 | Add a Comment

Every Wellnessからのお知らせ!
Every Wellness「ポイントでプレゼントキャンペーン」、
締め切りまで、もうすぐです!!
ご存知ですか?
ポイントキャンペーンで、以下商品などが当たります!
・96種類の食物アレルギーチェックキット
・アロマの香りも楽しめる扇風機
・アスタキサンチンのサプリメント
・ルネサンス体験チケット
ポイントをお持ちの会員の方への特典企画として、発言をした方
への「ポイントでプレゼントキャンペーン」を実施しています。
今から発言、コメント、友人紹介頂いてもOKです!
http://www.everywellness.jp/campaigns/campaign_list

Categories: その他 | Add a Comment

・会社のHPを一部新しくしました。
http://www.willmore.jp  
・講演をおこないます
7月上旬
in macサロン
第17回 FVL7/29 
「ケーススタディー予防法を集め統計化した集合知を提供するサイト”Every Wellness”の事業概要」
http://www.fitnessclub.jp/business/service/flv2.html  
・現在 Every Wellnessでキャンペーン実施中!
http://www.everywellness.jp 

Categories: その他 | Add a Comment

病気になりにくい体づくりを目指す『Every Wellness(エブリィウェルネス)』一般公開を開始
6月10日(金)より、会員の方への特典企画「ポイントでプレゼントキャンペーン」も開催!
http://www.everywellness.jp 
株式会社ウィルモア(所在地:東京都中央区、代表取締役:石川 麻由)は、病気になりにくい体づくりを目指すための知恵の共有サイト『Every Wellness(エブリィ ウェルネス)』を会員の方だけでなく、どなたにも見られるサービスとして一般公開を開始しました。
『Every Wellness』公式サイトURL: http://www.everywellness.jp 
2010年10月より会員制サイトとして運営し、一定のルール、安心安全な場づくりを進めてまいりました。これからはさらに非会員の方にも情報を公開していくとともに、会員の方へのサービス、特典の充実を図ってまいります。
会員の方への特典企画として、6月10日(金)より予防の体験情報の発言をした方への「ポイントでプレゼントキャンペーン」を開始いたします。
■『Every Wellness』サービス概要
『Every Wellness』では、病気になってからではなく、病気になる前、症状が出る前の「予防」に特化し、実体験に基づいた生活の工夫、知恵を発言し、共有することができます。
『Every Wellness』で掲載している一人ひとりの予防の体験談には、必要に応じ医師、栄養士、理学療法士など各分野の専門家によるアドバイスコメントを付加掲載しております。適正な使用方法や使用量、組み合わせ次第で悪い影響が出る可能性、重症化するリスクの可能性、必要があれば検査や受診をお勧めするなどの、個別のケースごとのアドバイスになります。閲覧は無料でおこなえます。
『Every Wellness』は、不定愁訴を抱える30代女性、ビジネスパーソン、アクティブシニアに広くご利用いただける、基本利用料無料のサービスとして提供しております。そして蓄積されていく予防情報や会員パネルを、マーケティングに活用したい法人の方にもご利用いただけます。
■『Every Wellness』で扱う疾患・症状
『Every Wellness』は、1人でも多くの方が病気への予防意識を持ち、日々の健康管理を積極的におこなえる社会づくりに貢献したい、という願いを込めオープンいたしました。
開始時より、風邪、腰痛、肩こり、緊張型頭痛、睡眠障害、喫煙依存の計6疾患に、11月24日からは「アレルギー性鼻炎」、「花粉症」を、2011年4月5日には被災対策として、「胃腸炎」、「呼吸器の炎症」など計9疾患・症状を追加し、前もって体調管理、予防行動をする上での生活の知恵を、体験者の方々の声から集約し、公開しております。
■『Every Wellness』今後の展開
『Every Wellness』が目指すのは、一人ひとりが自分事として自発的に体の状況を把握し、ワクワクしながら健康管理できる社会です。 そのことで、病気の早期発見や、軽症でありながらのコンビニ受診、安易な夜間、救急受診の減少、そして軽症での欠勤による経済損失の減少に対して貢献していきたいと考えております。
今後も、特に痛みにフォーカスし、努力次第で予防し得る可能性の高い症状・疾患について、食事、運動、睡眠などのカテゴリー別に、予防の成功体験集を作ってまいります。また、特定の疾患・症状に対応した個人管理できるツールの開発、定量的な分析などを参照できる場づくりを進め、生活の工夫により身近な病気を予防し、病気になりにくい体づくりを目指すソーシャルメディアとして、段階的に機能、サービスの拡充を図ってまいります。
【会社概要】
会社名:株式会社ウィルモア
所在地:東京都中央区日本橋横山町3-4-904
代表者:代表取締役 石川 麻由
設立:2009年2月
事業内容:患者・医師を対象としたリサーチ業務、患者リレーションメディアの開発、医薬マーケティング支援業務、患者コミュニケーションプログラムの開発
URL:http://willmore.jp 
【リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ウィルモア
TEL:03-6661-1273
FAX:03-6661-1274
E-mail:info@willmore.jp